大手金融機関は手段を選ばないようです。それでも為替で彼らと勝負しますか?

wpid-wp-1429101577769.png
欧米6行に罰金7200億円 「チャット」で為替操作、5年以上も連日

http://www.sankei.com/smp/economy/news/150521/ecn1505210046-s.html

司法省によると、トレーダーらは金融情報端末上でメッセージをやりとりする「チャットルーム」で共謀。ドルやユーロを売買するタイミングを申し合わせたり、為替取引の指標となる数字を不正に操作したりした。不正は2007年から5年以上、ほぼ毎日行われていたという。

チャットで示し合わせて価格操作をしていたのは、その辺の小さな金融機関ではなく、大手も大手、「英バークレイズや米シティグループなど欧米金融大手6社のトレーダー」ですからね。業界全体でこうした不正は日常茶飯事なのでしょうね。
価格操作によって自分のところの顧客の注文をストップロス(損切り)させて儲けていたりしたらしいですから、まあ悪質な詐欺ですよ。儲けることだけが正義であり、倫理観のかけらも持ち合わせていないということです。

sponsored link

結局彼らもランダムに動く為替相場の先の動きなんて読めないってことですよね。でもそれを生業にしている以上、確実に、しかも短期的に利益を上げなければならない。そして不正が横行すると。
これは恐らく氷山の一角と思った方が良いと思います。

株式市場のように全体のパイが大きくなっていくわけでもなく、限られたパイを奪い合うだけの為替相場ですから、彼らがこの不正で儲けた分、損した人たちがいるわけですよね??
こんなところで勝負しようと思う個人投資家の気持ちが私にはわかりません。チャット談合やインサイダー情報で完全武装の集団の中に、一人丸腰で飛び込んでいく個人投資家。勝てる可能性はどのくらいあるのでしょう?

もちろんFXなど為替で儲けている個人投資家もいます。でもそれはカジノのルーレットで儲けている人もいるのと同じことです。全ては確率の問題です。勝者は目立ちますが、その陰にもっと多くの敗者がいます。

ま、FXをギャンブルと考えているなら全く問題ありません。カジノと一緒で、ちょっとぐらい分が悪くても勝つときに大きく勝てる方が面白いですからね。
その点このブログでも再三推奨している、市場全体の成長に賭けるインデックス投資はつまらない事この上ないです。地味だし、すぐには結果が出ないし、掛け金がいきなり3倍になることもありません。ただ、投資としてはインデックス投資の方が圧倒的に優秀だと思います。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す