専業主婦志望の若い女性に共働きパパがもの申す!

専業主婦したい若い女性が増えているらしいです。ざっと20代女性の3分の1が初めから専業主婦を希望しているとか。子供ができたら専業主婦になりたいという人は更に多いでしょう。

そんな若い女性たちにハルノスケおじさんが言いたいことは3つ。

「のんきなの?」

「脳内お花畑なの?」

「ゼツボーグ呼んでやろうか?」 (注:プリキュアの敵です。夢を壊すのがお仕事。)

sponsored link

現実を見なさい、現実を。

うちの年間支出、600万円だよ。
ユニクロとヨーカドーで服を買い、夏休みの旅行は房総半島。外食はほとんどしない。子供は3人だけどまだ公立小学校と保育園。家は郊外の小さなマンション。
これで600万円。これが現実。

暮らすにはお金がかかるのだよ。夫婦二人中一人が収入なしで優雅に暮らして行けるほど甘くないっての。

男性の平均年収は今やおじさんたちを含めても500万円。もし1馬力だったらカツカツだよ。毎日モヤシ炒めだよ!

ちなみに奥さんに専業主婦になってほしい20代男性はたった17. 8%だそうな。女性の半分ぐらい。そりゃそうでしょ。男だってそんなにお人好しじゃないよね。

もし年収500万円あっても、専業主婦志望の女性と結婚したら、年収300万円×2のカップルよりも生活レベルは下ですからね。

1年前の記事ですが、とても分かりやすいので。↓
アラサー女子のリアル婚活ブログ
http://xn--qckyd1ctc516w4ojea3779afa2822b.com/archives/547

二人で働いたら、お金も貯まるさ。早めに貯めるほど投資で増える。そうしたら、早めにリタイアしてのんびり、なんて夢も見られるさ。その夢ならおじさん、ゼツボーグ呼ばないから。

とりあえず仕事は続けてみたら?

言い訳コーナー

言いたい事言ってスッキリしましたが、決して専業主婦そのものを否定しているわけではありません。
夫に十分な収入があるか、なくても慎ましい生活をする覚悟があって、夫が本当に納得しているなら、専業主婦という選択もありでしょうね。
ただ、現実は厳しいってことです。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

  1. 女性の1/3が専業主婦願望って、なんだかがっかりです。
    戦後の男女平等教育はナンなんだったのでしょうか、しかも現実にはとうに共働き世帯のほうが多いというのに。
    現実が見えてないというか、単なる馬鹿なのか、甘えなのか。
    おっしゃるとおり、男も馬鹿じゃないし、人生ボランティアじゃないので、単に女性を養おうなんて思いませんからね。

    • はるのすけ より:

      3分の1はショックですよね~。私も下の世代は徐々に進んだ考えになってきていると勝手に思っていたのですが。女性の方が保守的になってしまうとは・・・。

コメントを残す