インフルエンザ予防接種、1~12歳には効果ありだって。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N4785_tukaretahato-thumb-1000xauto-15250

安西ハルノスケ先生の名言、
「共働き子持ちがインフルにかかったら、そこで試合終了ですよ。」

の通り、インフルにかかったらもう手詰まりです。

親がかかったら会社に行けません。

子供がかかったら保育園に行けませんので、親が会社に行けません。

親子でかかったら、親は会社に行けないばかりか、自分がインフルなのに子供の看病です。

しかも5日間です。さらに登園許可証取ってこいです。

インフルは恐ろしいのです。

sponsored link

恐ろしいのがわかっているので我が家では毎年全員予防接種を受けています。ワクチン代は会社の補助もあるのですが、子供は2回なので足が出ます。でも受けてます。

にもかかわらず、昨年、一昨年と5人中4人が感染しています。清宮もびっくりの2年連続打率8割、助かっているのは一番下のまっくす(2歳)のみです。

しかもハルノスケは2年連続子供と同時感染で、自分もフラフラなのに看病する最悪パターンでした。

予防接種の効果をすっかり信じられなくなり、今年の冬はやめておこうかと迷っていましたが…

<インフルワクチン>乳児、中学生に予防効果なし

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000006-mai-sctch

乳児に接種が広がっているが、効果がないことが分かった。一方、小学生ぐらいまでの小児は積極的にワクチンを打った方がよいことが示された。13~15歳の中学生で効果がみられない理由は今後の検討課題だ

4700人調べたら、乳児と中学生には予防効果がないことが分かったという記事ですが、逆に言うと幼児と小学生には効くこともわかったみたいです。予防効果があり、重症化も防げるみたいです。

むう、4700人も調べて効果があるというなら、うちは運が悪すぎたということ??しゃーない、もう1年だけやってみますか・・・。

子供たち3人なだめすかして注射に行くのも大変なんだけどな~。ワクチンさん、今年こそはその労に報いてくれたまえよ。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

  1. マイ より:

    元記事のデータはそもそも縦軸の分母はなんやねんというツッコミがはいりますよね。
    発症した人の中の予防接種受けた人の割合?ってことなのでしょうか?
    たまたま病院来た人のデータが集まったから、言いたい結論を言えるように
    それっぽく解析したようにしか見えないなあ……と。
    少なくとも私がこんなデータ出したら上司に刺されそうですw

    各年齢層に対して予防接種受けた人1000人vs受けなかった人1000人で、
    発症率や重症度の違いを調査したというなら有用なデータだと思いますが、
    少なくともこの記事だけでわかる範囲では結論については疑問です。

    元論文にはフォローがあるのかしら……

    こんなとこではるのすけさんにボヤいても仕方ないんですけどね。笑
    リケジョ(死語)っぽいつぶやきでした。

    予防接種、出来れば受けたくないですよね。
    ちゃんとしたデータを示してくれたら受ける受けないの判断が出来るのになあ……と思います。
    お役所は頭いい人が多いのにどうしてこんな簡単なことができないのかしら……

    • はるのすけ より:

      マイさんのツッコミごもっともですね。さすがリケジョ!私も実は記事だけではなぜにこの結論になるのかわかりませんでした。記事の書き方が下手なだけで、さすがに元の論文ではちゃんと説明しているのだろう、と勝手に思っていましたが、どうなんでしょうね~?
      しかしほんとおっしゃる通りで、「予防接種は任意にするから自分で判断してね~」と言い出したくせに、判断材料は示さないって意味わからないですよね。親たちは信頼できない断片的な情報を頼りに右往左往するばかりです。

コメントを残す