ドコモからIIJmio(みおふぉん)に乗り換えました

sponsored link
ついに!スマホのキャリアをドコモからIIJmio(みおふぉん)に乗り換えました。こまちさんは3月に既に乗り換えていたので、ようやく夫婦で乗り換え完了です。あーすっきりした。

頑張らなくてもすぐに節約できた費用(携帯電話編)
少し前に、マネーフォワードという家計簿アプリを導入しました。自動入力が多いお陰で、今のところ数ヶ月間さぼらずに続いてます。 ど...

解約が難しすぎる大手キャリア

こまちさんと同じタイミングで乗り換えられなかったのは、2年縛りのタイミングが異なるせいです。

そもそも大手キャリアはやめるのが難しすぎる!チャンスは2年間のうち1か月だけ。それを過ぎたら

「はい、また2年間まいどあり~。辞めたかったら1まんえ~ん。」

って、日本を代表する大企業のやること?消費者庁もちゃんと仕事しなさい。

余談ですが、解約方法を敢えて煩雑にしているようなセコイ会社は基本的に信頼できないですよね~。昔入会していたプロバイダサービスは、入会はネットで一瞬だったのに、解約は申込書を取り寄せて押印して郵送しなければなりませんでした。

ネットで解約できるものでも油断はできません。最も苦戦したのは「Yahoo!プレミアム会員」。入会は1クリックなのに、辞めるためのページは探してもなかなか見つかりません。教えてgooあたりからようやくページにたどり着いたと思ったら、その後はカルト宗教も真っ青の、辞めたら地獄に落ちるぞ的な引き止めの嵐。二度と会員にはなるまいと誓ったのでした。

↓「Yahoo!プレミアム会員」についてはこちらのブログが詳しくかつ面白いです。

寝ログ:Yahoo!プレミアムの解約手続き障害物走が長すぎる

http://nelog.jp/resign-from-yahoo-premium

ビックカメラで即日乗り換え

bsc-image

AmazonなどでSimカードを購入して乗り換えることもできるのですが、届くまでの間に少し電話のない期間ができてしまうため、即日乗り換えできる、ビックカメラのBICSIMカウンターというところに行ってきました。

https://www.iijmio.jp/bicsim/counter.html

免許証とクレジットカード、MNP番号を持ってカウンターに行き、カウンターにあるipadを使って契約手続きをします。手続きは20分ほどで終わり、その後プラプラと家電を見ながら開通を45分ほど待ちます。(家電好きなので全く苦になりません。)

開通したら、simカード代の3229円を払って手続きは終わり。

あとは、新しいsimカードを入れて、3項目ぐらいのネットワーク設定をしたらすぐ使えるようになります。せいぜい10分ぐらいでしょうか。

加入したプラン

音声通話付で月額2,220円(税抜)の「ライトスタートプラン」です。5GBまで使えます。

こまちさんは3GBまでの「ミニマムスタートプラン」ですが、ハルノスケはYoutubeやテニスの動画を見たりするのでこのくらい。

https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/spec.jsp

本当は、夫婦で10GBを共有できる「ファミリーシェアプラン」にしようと思っていたのですが、あきらめました。BICSIMのお兄さん曰く、二人で「ファミリーシェアプラン」にしようとすると、

①こまちさんが単独で「ファミリーシェアプラン」にプラン変更申請。

②次の月の1日にファミリーシェアプランに変わるので、その後Simカード追加の申請とハルノスケのMNP転入申請。

③追加のSimカードが郵送されてくるのを待つ。

という手続きが必要とのこと。これでは9月中に変更できないし、電話のない期間ができてしまいます。残念。でも5GBあれば十分です。

wpid-wp-1441502447256.jpg

使い心地

ドコモのLTE回線を使用しているだけあって、ネットの速度などは体感的には全く変わらないですね。

ドコモメールを始めとするドコモ独自のサービスは全く使っていなかったので問題なし。

電話の品質も全く変わりません。もっとも、大抵はLINE電話で済ませてしまうので、プロパーの電話はほとんど使いません。

半年間使っているこまちさんも全く不便は感じていないようです。

ただ、難点が一つだけ。GPSの現在地の検出が遅くなりました。調べてみると、ドコモで販売しているスマホは、現在地の検出速度向上のためにドコモの基地局にアクセスする仕様になっていることが関係しているらしいです。

この機能をよく使う人は事前によく検討した方が良いかもしれません。

なお、一旦現在地を認識した後は問題なく使えます。

節約効果

こまちさん 平均5500円/月(パケホーダイライト) ⇒ 1728円/月

はるのすけ 平均6500円/月(パケホーダイ)⇒ 2397円/月

合計 12,000円⇒4,125円

月8,000円、年間95,000円の節約ってとこですかね。最近強制的に入らされる、ドコモのカケホーダイプランと比べたらもっと差があります。

結論としては、大手キャリアにとどまる必要性を全く感じません。

食費やら交際費やらと違って、一度手続きをしてしまえば頑張る必要がないから、手間の割には効果絶大です。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す