保育園の布団カバー付けが辛すぎる件

ab790a8daac71a847b41d7e9bc184d2d_s

うちの保育園では、親がお昼寝用の布団カバーと毛布カバーを作成します。で、毎週月曜の朝にカバーを取り付けます。金曜に持って帰って洗います。これ、どうしても親がやらないとダメですかね?

これって予算の問題?それともそれぐらいは子供のために親がやってあげるべき的な論理?

sponsored link

いや、わかります。わかりますよ。親が愛情込めて布を選び、縫い、洗い、毎週セットする。その布団で愛情に包まれてすやすやお昼寝する子供たち。

でもね、そうは言ってもこれ、結構な負担だと思うんです。

ハルノスケは面倒くさがりなので、月曜が朝担当の時は、日曜の夜から憂鬱です。精神的負担です。

ただでさえ起きるのが辛い月曜の朝。布団カバーのために10分以上早く出ないといけません。このために焦ってイライラしたり、無駄に子供を急かしてしまったりするのは、逆に教育上よくないと思うのですが。

だいたい布団カバーと子供への愛情はあまり関係ないと思いませんか?

その証拠に、ハルノスケもこまちさんも子供をとても愛していますが、布団カバー付けは大嫌いです(笑)。

電車の時刻が迫る中、急いでカバーの端と布団の端を合わせているときに、子供が「ご~ろごろ~」とか言いながら布団に乗って来たときの怒りと言ったらもう、これをきっかけにスーパーサイヤ人になってもおかしくないほどです。

さらに細かい話をすると、毛布と敷布団のサイズが近すぎます。子供の妨害を乗り越えてやっとセットしたと思ったら逆だった、と気付いた時の絶望感。「もういや、こんな生活。」と呟くしかありません。

と言うことで、布団カバーはリネンサプライの業者に委託して月曜の親を解放してください。それで保育料上乗せされても文句は言いませんので!

(これを直接園長先生に言う勇気はないハルノスケでした…。)

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

  1. ひろきち より:

    あまりにも共感してしまい初コメントです。布団カバー、我が家の保育園とまったく同じです。あの微妙な大きさの違い、なんなんでしょうかね。毎度、愛の大きさを試されてる気分です(笑)。別の柄にすれば間違えないと思ったこともありましたが、保育園の指定で同じ柄で、とのこと。。共働き生活は色々大変ですが、ハルノスケさんのブログで元気もらってます(^_^)。いつもおもしろくて通勤電車で肩をゆらしながら読んでいます(笑)。これからも更新楽しみにしてますね。

    • はるのすけ より:

      ひろきちさん、初めまして。わかってくれる方がいて嬉しいです!「同じ柄指定」というのが重要ポイントですよね(笑)。
      あと、笑って読んでくれていると言うのは一番励みになります。これからもつらつらと書きますので読んでやってください。

コメントを残す