山本昌、早期リタイア後はラジコン、クワガタ、PC

ラジコン

中日ドラゴンズの山本昌投手が引退を発表しました。普通は35歳ぐらいで衰え始めるスポーツで、50歳で引退ですから驚異的ですよね。

球威より投球術で勝負してきたピッチャー、当然このあとはその技術をコーチとして伝えていくのかと思いきや、山本昌はラジコンして、クワガタ集めて、ネットするそうです(笑)。山本昌かっこいい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00824232-number-base&p=3

sponsored link

それなりの実績を残した選手でも、引退後には監督、コーチ、解説者、タレントなどで仕事を続けるのが普通ですから、これも早期リタイアの一種と言えるのではないでしょうか?

趣味中心でたまにテレビに出るとかなら、セミリタイアですかね?

こうした決断があっさりできるのは、十分なお金もさることながら、没頭できる趣味があることが大きいですよね。仕事やめてもやることないんじゃ、寂しいですもんね。
ちなみに山本昌のラジコンの腕前は世界選手権に出るほどだそうです。そりゃ、楽しいわ。

山本昌のおかげで、現役時代に趣味力を高めておかないといけないことを再認識しました。

ハルノスケが退職後にしたい趣味は、テニス、映画、食べ歩き、旅行、鉄道模型づくりなどなどです。

とりあえず、最近全くやっていないテニス10月中に再開することにします。気軽に一人で行けるから、テニススクールでもいくかな~?

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す