世界経済インデックスファンドとeMAXIS8資産均等型のどちらを買うべきか考えてみた

ポチさんから「『世界経済インデックスファンド』と『eMAXIS8資産均等型』のどちらにするか迷っている」というコメント頂いたので、自分ならどちらを買うか考えてみました。

お忙しい方のために結論から言っちゃいますと、私なら世界経済インデックスファンドを選びます。

sponsored link

国際分散投資をする目的ってなんだっけ?

そもそも、国際分散投資をする目的ってなんでしたっけ?

1番目はもちろん「世界中に資金を投入する僕ってステキ・・・」と悦に入ることですが、2番目は「投資先を多様化して、リターンを落とさずに価格変動リスクを抑える」ことですよね?

で、最も価格変動リスクが抑えられるのは、各地域にバランスよく投資した時です。つまり、大きな市場には大きな資金を、小さな市場には小さな資金を投入し、自分の資産が世界経済全体の動きに連動する状態が、理論上最も価格変動リスクが小さくなります

せっかく複合型のファンドを選ぶのなら、それが一本で実現できるものを選びたいです。これを踏まえて。

世界経済インデックスファンド

_1

地域的な配分だけを見ると、

日本 10%、先進国 55%、新興国 35%

です。

この比率はGDP比に準じています。つまり、各国の経済規模に応じて投資比率を決めているのです。

使う指標がGDPであるべきかどうかは異論もあるようですが、少なくとも最も価格変動リスクを抑えられる地域配分に近いものになってると思ってよいでしょう。

しかも、

※世界経済に占める各地域のGDPシェアの変化に応じて、原則として年1回地域別構成比の見直しを行う場合があります。

だそうです。

つまり、地域的なリバランスを勝手にやってくれるってことですね。これは面倒くさがりのハルノスケ的には嬉しい!自分でやろうと思ったら結構大変ですからね。それでいて、指標連動なので信託報酬は0.54%とそれなりに抑えられています。

株式と債券の比率は1:1になっています。

このバランスがどうあるべきかは、まあ人それぞれですね。株式の比率を増やせば、理論上のリスクとリターンが上がります。逆もまた然り。

ハルノスケの場合は、運用期間がこの先20年はあると思っていますし、まだ現役で収入もあるので、ある程度リスクはとっても良いと思っています。
つまり、株式の比率を多目にしたいところです。

ちょうど兄弟ファンドで「世界経済インデックスファンド(株式シフト型)」と言うのがあるので、私が今買うならこっちです。これだと株式の割合は75%です。

↓実は以前にも紹介してたりします。このファンド。eMAXIS8は軽く流してますね・・・。

ぜーんぜん時間がない共働き子持ち夫婦にお薦めの超シンプル投資(怪しい勧誘ではありません)
ぜーんぜん時間がない人向けなので、要約からいきます! 「世界経済インデックスファンド」を毎月自動積み立てする。 以上、理...

eMAXIS8資産均等型

251308_1107_f1

わかりやすっ!

eMAXIS8の長所は何と言っても8等分という単純明快な分かりやすさでしょうね。自分の資産配分をピザで説明することも可能になります。

地域的には、日本 37.5%、先進国 37.5%、新興国 25.0%になります。

ただ、分かりやすさを追求することで、合理性が犠牲になっている感は否めません。

例えば、日本、先進国、新興国の経済規模はまるで違うのに、同額の株式を持つことになります。

資産は世界経済に連動せず、価格変動リスクは「世界経済インデックスファンド」より高いです。日本の市場の影響を過剰に受けることになります。

当然ながら、地域別構成比の見直しもないと思います。8等分であることが最優先ですからね・・・。

そうまでして分かりやすい必要ってあるんでしょうか??

あと、リート25%はちょっと多すぎるような気がします。

結論

あ、結論は先に言っちゃったんでした。合理性を追求した結果たどり着いたインデックス投資なので、ファンドも合理性で選びたい。ということで世界経済インデックスファンドの勝ち。

以上、素人ハルノスケの意見ですが、ポチさん、参考になりましたでしょうか??

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメント

  1. ぽち より:

    さっそく取り上げて頂いて、ありがとう御座いました
    とても参考になりました

コメントを残す