NISAと共働き子持ち夫婦の相性は抜群!

a0002_001041

突然ですが、NISAってご存知ですか?
え?自分より先に生まれた男の子?あ、それはNISANですね。似てるけど違います。
なになに?5オクターブの音域を持つと言われる歌姫?あ、MISIAですね。まあかなり近いです。
え?おいしいかって?NISA は食べられません。

はい、みんな惜しいです。NISAというのは、少額投資非課税制度のことです。年間1人100万円まで、運用益が非課税となる枠がもらえるんです。

毎年100万円分の枠がもらえて、
NISAの枠で買った株や投資信託は、5年間までその枠で運用できます。

枠は毎年100万円もらえることになっていますので、最大で500万円まで非課税枠で運用できることになります。

sponsored link

詳しく知りたい人はこの辺りで見てもらうとして、私が言いたいのは、NISA と長期分散投資の相性は抜群ということです。すなわち、共働き子持ち夫婦との相性も抜群ということです。

1 NISAは長期投資向け
NISAの枠内で一度売買が成立すると、その枠は再利用できません。短期で利ざやを稼ぐような投資には向かないってことで、完全に長期投資用の制度なんです。

2 NISAは投資信託向け
100万円という金額で枠が決まっていますが、好きな金額で細かく買える投資信託なら、枠をフルに使いきれます。

3 NISAは積み立て投資向け
毎年枠が追加されるので、コツコツ積み立て投資との相性は抜群です。来年から枠が120万円になるのは、毎月10万円の積み立てでキリが良いということらしいです。

ということで、投資するならNISAを活用しない手はないと思います。できればフル活用したいです。
損失が出たときに一般口座との通算ができないのが心配という人もいますが、「やる前に負けること考えるバカいるかよ!」と言ってビンタしてやるべきだと思います。

↓やり方(45秒付近)

そして、本来なら2割取られる税金が免除になるわけですから、最も利益を期待できるエース級をNISA枠に投入すべきです。

ちなみにうちは、こまちさんの枠で先進国株のインデックス投信に、私の枠で新興国株のインデックス投信にそれぞれ積み立て投資をしています。

せっかくの制度を活用しないのはもったいないです。もしNISA口座をまだ開設していない人は、とりあえず開設しておくことをお勧めします。開設するのはタダですから。ネット証券で簡単に開設できますが、 税務署の審査とかがあって、 時間だけは結構かかります。私の場合は1.5か月ぐらいかかりました。

ちなみにNISAを最も活用しているのは団塊の世代だそうですよ。ただでさえ世代間格差が大きいのに、ますます差をつけられてしまわないように、子育て世代も活用しましょう!

次回は、子供版NISAについて書きたいと思っています。世間では全然注目されていない感じですが、我が家では大注目しています。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す