フルタイム共働き夫婦の家事分担の割合は?(分担しない夫の言い訳大募集!)

rikon

妻50
夫50

以上!異議なーし。うちもそうで~す。お疲れ様でした~。

・・・で、いいと思うんですが。なんか、同僚や友人の話を聞くと、そうでもない夫婦が多いようです。

うちが半分ずつ負担しているのは、何も嫁さんが異常に怖いわけでも、はるのすけが「わたくし家事だぁ~いすきなんですのよ」とデビ夫人風に言ったわけでもありません。元来怠け者の私は、できることなら家事なんて他の人に任せて自分はのんびりしたい、と思っています。

ただ、夫婦ともフルタイムで同じように働いている以上、
「半分ずつ」
以外にする理由がなくないですか?どうやって相方を説得して多めに押し付けているんでしょうか?

仮にうちのこまちさんにそんなこと提案しようものなら、

「は?何言ってんの?理由は?」 「い、いや何でもないです。すみませんすみません生まれてきてすみません。」

ってなることは火を見るより明らかです。

何組かのフルタイム共働き夫婦に話を聞く限り、夫は様々な言い訳を用いて、アンバランスな分担を正当化しているようです。

もちろん夫婦や家族のあり方に正解はなく、夫婦が話し合って納得のいく形に落ち着いているのならそれでいいのですが、旦那さんが半ば強制的に押し付けたり、奥さんが不満を持ちながらも渋々受け入れていたりするのは、夫婦としてどうかと思います。

中には共働きなのに家では何もしない夫もいるとか。もうこうなると、客観的には二人が夫婦でいる意味も全く感じられません。

押し付ける夫は一番よろしくないですが、それを受け入れてしまっている女性の皆さん!あなた方もしっかりしてください!自分もしっかり稼いでるんですから、甘い顔を見せてはいけませんよ!

以下、はるのすけが夫の言い訳に対する上手な返答の仕方を考えましたので、すぐに実践してくださいね。

sponsored link

一応いきなり厳しいことは言えないおしとやかな女性が多いかと思いますので、それぞれ甘口・中辛・辛口の3パターンの返答をご用意しました。はるのすけさんって親切ね。すてき。

①夫「帰りたくてもさ~、忙しくて帰れないんだよね~」

甘口妻「大変なのはわかるけど、私も同じように忙しいの。せめて交代で早く帰るように努力してね。」

中辛妻「忙しい?仕事が遅い、の間違いでしょ?ママさん社員に弟子入りして仕事の段取り教わってこい。」

辛口妻「もう一生帰って来なくていいわこのハゲ」

②夫「保育園の送り(だけ)は俺が行くよ(キリッ)」

甘口妻「それだけでも相当助かるわ。慣れてきたら保育園の支度とかも少しずつお願いしていい?」

中辛妻「理解のある旦那で幸せだわ~。あなたが立派に「送り」をやってくれるおかげで、私は仕事の他に保育園の支度と朝食とお弁当の用意と洗濯と片付けと子供の宿題の面倒と夕食と食器洗いと風呂と寝かしつけ、だ、け、やればいいのね。あ~楽ちん。ってやかましいわボケ。」

辛口妻「まずは送りだけしかできない能無しに生まれて申し訳ありません、だろこのでくの棒。話はそれからだこのハゲ。」

③「俺の年収が600万円、お前の年収が400万だから、家事はお前中心な。」

甘口妻「夫婦は運命共同体。チームワークでしょ。家でどうやって協力し合うかはそれぞれの収入とは別問題だと思うの。」

中辛妻「あんたが仕事優先で昇給できたのは、私が早く帰って子供の面倒見てたからでしょうが、この恩知らず。ハゲ。」

辛口妻「今まで黙ってたけど、実は私ブログやってて、その収入が1000万円超えてるの。あなたの論法だと、家事の割合は私3割、あなた7割で決定ね♥」

以上、中辛でも辛いジャワカレーのようになってしまいましたが、実践した結果については自己責任でお願いしますね。

当ブログでは、家事を分担しない夫に言われたしょうもない言い訳を大募集します。はるのすけに返答を考えてほしい淑女のみなさんは、コメント欄までどしどしご応募ください!

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す