リタイア可能な年齢をシミュレーションしてみた

とりあえずかる~くシミュレーションしてみようっと。
と思った私でしたが、軽くで済むならFPはいらねえってなもんで、始めてみるとそう簡単にはシミュレーションできません。

いつ早期リタイアできるか、いくら必要かを知るためには、結局死ぬまでのお金の出入りをシミュレーションする必要があります。

必要な数字は大きく分けるとこの3つです。

1.収入
2.支出
3.運用利回り

これをexcelシートに年ごとに入れてみて、死ぬまで資金がショートしないような計画を作ります。

つまり、貯蓄が一度もゼロを下回らずに天国にたどり着ければゲームクリアーです。

3つだけなので簡単そうに見えますが、それぞれ中身はいろいろあって結構大変です。

特に、支出はどのようなライフスタイルを想定するかによって天と地ほど違います。引退後に贅沢三昧したいのか、つつましい普通の暮らしか、はたまたギリギリの生活でよいから早く引退することを優先するのか。そこがブレるとシミュレーションは成り立ちません。

sponsored link

はるのすけとこまちは、とりあえず現在と同レベルの生活を想定しました。まあ、あまり我慢はしないけど、ほとんど贅沢もしない、普通のサラリーマンのつつましい生活レベルです。その結果・・・

48歳でリタイア可能との結論に至りました!!

あと11年か。長いような、短いような。

まあ、選択肢が増えるという意味でも、このリタイア可能年齢は低い方がいいでしょう。

ということで、今後の目標は、このリタイア可能年齢を少しでも早めることにしました。

具体的には、

1.収入を増やす

2.支出を減らす

3.運用利回りを上げる

ということになります。

この辺りをメインテーマに、ブログを書いて行きたいと思っています。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す