共働き子持ちの強い味方。ネットスーパーさんてこんな人。

image

ネットスーパーさんは言いました。

「忙しいあなたの代わりに品物を集めてかごに入れてあげましょう。あと、重いでしょうから玄関先までお持ちしましょう。」

⇒紳士

「24時間いつでも注文してください。ご指定の時間に参上しますよ。着く前には必ずメールします。」

⇒その上尽くすタイプ

「お値段はお店と同じでけっこうですよ。広告の品は分かりやすく並べておきますからね。」

⇒見返りは求めない。無償の愛。

「たくさん買っていただければ配送料は頂きませんよ。あ、でも、小さいお子さんのいるご家庭は、少量の買い物でも配送料は100円で結構ですよ。」

結論:弱きを助け、見返り求めず尽くす紳士。もう惚れたわ結婚してください。
明日から私、イトーはるのすけになります。

sponsored link

でも、ここまで至れりつくせりで採算大丈夫?

って思ったらやっぱり厳しいみたいです。↓

Business Journal 住友商事、ヨーカ堂に惨敗 ネットスーパー事業参入からわずか8年で撤退 黒字化見えず

うちが利用しているのは最大手のイトーヨーカドーのネットスーパーなので、まだなんとか大丈夫そうですが、利益の薄いコマ切れ肉とかティッシュとかを生身の人間に運ばせて、儲かるはずないですよね・・・。うちなんて「広告の品」しか見ないときもあるし。

無理せず、送料ぐらいは取ったらいいんじゃないかと思います。頻繁に行方不明になる2歳児を探したり、勝手にかごに入れられたお菓子を棚に返したり、試食コーナーで粘る姉弟を引きはがしたりしていたエネルギーを思えば、送料ぐらい安いもんです。

ということで、頑張れネットスーパーさん!余裕のある時は実店舗で還元するから、絶対にやめないでね。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す