床拭きロボット「ブラーバ」購入検討会議議事録

movie-main

場所 共働き子持ち夫婦の寝室
日時 5月9日(土)子供が寝た後
出席者 小町CEO(妻)、春之助CFO(夫)

春之助「小町CEO、この雑巾がけマシーンは万年人材不足のわが社の救世主となり得る存在です。」

小町「確かに。わが社の実質的な戦力は正社員の私と春之助CFOの2名のみ。バイトのつばめさん(長女)は風呂掃除、ルンバ君はゴミ吸い取り分野で活躍してくれているが、彼らは他の分野はからっきしだからな。」

sponsored link

春之助「おっしゃる通りです。それにちょうど最近床のベタツキが気になっていたところです。先日見習いのキイロ君(次女)がやる気になっていたので雑巾がけを頼んだら、50センチ四方ほどで飽きてしまいました。」

小町「うむ。まだキイロ君には任せられんな。しかし気になるなら君が自分で拭いても良いのではないかね?」

春之助「え?あ、そうだ。そんなことより、問題は正規品を買うか並行輸入品を買うかですよ! 」

小町「(あ、ごまかした…)で、その2つはどう違うのだ?」

春之助「まず値段が違います。日本正規品のブラーバ380jはAmazonで36000円、並行輸入品のブラーバ320は26000円程度です。」

小町「1万円差とは、ずいぶん違うんだな。」

春之助「はい。並行輸入品はおそらくアメリカ仕様で、中身も結構違います。最大の違いは、急速充電器の有無のようです。380jは2時間でフル充電できるのに対し、320は8時間かかります。」

小町「それは大きな違いだな。ルンバと違って自動では充電器に戻らないらしいし。」

春之助「そうなのです。さらに、380jはパッドに貯水タンクがついているので水拭きの際に常にシートを湿った状態に保てる、らしいです。」

小町「え?逆にいうと320は水拭きしてたらだんだん乾いて来ると言うことか?うちは床がべたついているから水拭き必須だしな。充電時間以上に大きな違いかもしれん。あと、並行輸入品はアフターサービスも気になるな…」

春之助「ふむ、では、決まりですな。やや値は張るが、機能面とアフターサービスが安心の正規品380jをAmazonでポチっと…」

小町「あ!待って!」

春之助「どうしました!?」

小町「やっぱ実物を見てみたい。」

春之助「ズコー」

と言うことで、結局電器屋さんに見に行こうという結論になりました。妻は玄関の段差をちゃんと避けられるかどうかを見たいそうです。確かに今のルンバはしょっちゅう落ちて、たしけてーってなってますからねー。

しかし意外と慎重だな、こまちさん。私はエイヤッと早く買いたいんですが・・・。

スポンサーリンク
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントを残す